収益物件・不動産投資についての紹介

収益物件用語集

収益物件

収益物件とはマンション、アパートやビルなどの不動産を収益物件として購入し、その収益物件を他人に賃貸することで家賃収入を得たり、またはその収益物件を売却するこで収益を得たりする目的で購入する物件のことをいいます。

現在の主な運用方法は購入した収益物件を他人に賃貸することで得られる家賃収入、つまり運用利益目的が主流になってきています。対象となる収益物件は数百万円で購入できる中古ワンルームのオーナーチェンジから収益アパート、億単位の収益マンション、収益ビルなど、数多くの形態があります。

不動産投資

不動産投資とは、不動産(アパートやマンション等)を購入し、賃貸料等で収入を得ることです。又その購入した物件(アパートやマンション等の不動産)の価値が上がった時に売却し、差額利益(売却利益)を得ることもそうです。リートなど不動産投資信託もそのひとつになります。

不動産投資信託(REIT)

不動産投資信託(REIT)とは不動産投資信託のことをいいます。「Real Estate Investment Trust」の頭文字を並べて「REIT」(リート)と呼ばれています。不動産投資信託不動産投資信託とは、多くの投資家から資金を集め、運用し、その結果得られた収益を投資家に分配するという仕組みのことをいいます。したがって不動産投資信託とは、集めた資金を主に不動産投資によって運用することを意味しています。不動産投資信託における不動産の運用とは、集められた資金を元手に賃貸用の不動産を取得して、管理・運営を行ない、賃貸収入から収益の獲得を目指すことです。そこから得られた利益の大部分がその投資信託の受益者(投資家)に分配されることになります。マンション投資などの実物投資と違い、節税効果は期待できません。

利回り

利回りとは投資した金額に対して得られる利率を表しています。不動産投資では表面利回りと実質利回りがあります。表面利回りとは、家賃収入を投資金額で割ったもので、収益を簡単に把握でき、よく使かわれています。実質利回りは、購入物件を将来売ったとした売却額まで考慮した計算のことで、家賃収入から賃貸管理費、建物管理費、修理費、火災保険料、固定資産税などを引いた額を投資金額で割ったものです。

インカムゲイン

インカムゲインとは株式の配当、債券の利子、預金等の利息収入のことをいいます。資産運用や投資に対するリターンのひとつで、資産を手放さずに安定的・継続的に得られる収益のことを指しています。株式投資の場合は配当金、預貯金などの場合は受取利子(利息収入)、投資信託などの場合は収益分配金、不動産投資の場合は賃料収入などになります。元本に対する1年間のインカムゲインの割合をパーセンテージで表したものが「利回り」で、収益性の指標になります。インカムタックス(income tax)は所得税。インカムゲインは保有し続けることによって得られる現金収入ですが、それに対し、証券が値上がりしてそれを売却して得た利益はキャピタルゲイン(譲渡益)といいます。

recommend

【銀座】金・貴金属ジュエリー・プラチナの買取におすすめのお店5選

コピーライト